4月22日はカーペンターズの日。

4月22日はカーペンターズの日、なんだそうです。 今日初めて知った。 1969年4月22日にメジャー契約してから40年を迎えた2009年に、 ユニバーサルミュージックが日本記念日協会に申請して認定されたそうです。 つまり日本独自の記念日なんですね。 日本記念日協会というのも初めて知った。 カー…
コメント:0

続きを読むread more

追悼 ディッキー・ベッツ。オールマン・ブラザーズ・バンド「ブラザーズ・アンド・シスターズ」

オールマン・ブラザーズ・バンドのオリジナル・メンバー、ギタリストのディッキー・ベッツの訃報がありました。 御年80歳。 ポールやミック、クラプトンらと同世代で、彼らが元気なだけに寂しい。 デュアン・オールマン在籍時は彼との素晴らしいツイン・リード・ギターを聴かせ、 デュアン亡き後は実質的なリーダー…
コメント:0

続きを読むread more

ローリング・ストーンズ「エモーショナル・レスキュー」

邪道かも知れないけど、ローリング・ストーンズの曲で一番好きなのが「ホット・スタッフ」で、 2番目に好きなのがこのアルバムのタイトル曲「エモーショナル・レスキュー」だったりする。 ストーンズのファンク・ナンバーには独特のノリがある。 多分チャーリーの固いドラムとビルのベースラインの絡みにマジックが…
コメント:0

続きを読むread more

スティーヴン・タイラー復活!エアロスミス「ロックス」

スティーヴン・タイラーの声帯損傷により中断されていた、エアロスミスの北米フェアウェル・ツアーが 9月から再開されるとのニュースが入りました。 https://www.udiscovermusic.jp/.../aerosmith-to-continue... 心配していたのでホッとした。 エアロの…
コメント:0

続きを読むread more

ベック「シー・チェンジ」

今日の寝入りの1枚は、先日一夜限りの弾き語りライヴを東京で行ったベック。 弾き語り要素の強い、「シー・チェンジ」を聴いている。 すごく行きたかったけど、東京でキャパ2000人では、まあ行けないよね。 このアルバム、発売時は初回盤ジャケが何種類かあって、店頭で迷って選んだのがこれだったのを覚えてる。 200…
コメント:0

続きを読むread more

ザ・ラスト・ディナー・パーティーは推せる。

コーチェラフェスのYouTube配信を追っかけ再生でチラ見してたら、 イギリスの大型新人バンド、ザ・ラスト・ディナー・パーティーのライヴがえぐかった。 ルックスがいいし、音楽性も80’sのニュー・ウェイヴを思わせるゴスで耽美なアート・ロック。 演奏も堂々としていて上手い!…
コメント:0

続きを読むread more

J.ガイルズ・バンド「フル・ハウス」より「愛をさがして」

今日の1枚はJ.ガイルズ・バンドのライヴ盤「フル・ハウス」のアナログ・レコード。 めちゃカッコいい。 ストーンズなどの英国のロックンロールバンドより、J.ガイルズら米国勢はより叩き上げのヤクザな感じがする。 8曲中7曲がカヴァーというのも、偉大な黒人音楽に対する敬意。 中でも昔からのお気に入りが「愛をさが…
コメント:0

続きを読むread more

マウリツィオ・ポリーニ「ストラヴィンスキー:ペトルーシュカ」

小澤征爾に続きクラシックの巨匠の訃報。 いくら門外漢でもポリーニの名前ぐらいは知っている。 というかCDも1枚持ってた。 ショパンのエチュード。 これはドイツグラモフォンの名盤55枚入りCDボックスに入ってるやつなので、選んで買ったわけではない。 正確無比と呼ばれるその演奏。 聴けば理…
コメント:0

続きを読むread more

ビートルズを語る資格とは。

スルーしようと思ったけど、やはり触れないわけにはいかないので、この話題。 音楽評論家の和久井光司氏のビートルズについての投稿がプチ炎上している。 氏のフェイスブックの3月22日の投稿を引用させていただく。 おいおいビートルズ・ファンたち、今日は3月22日、61年前、このアルバムが英国で発売されて世の中が変わった…
コメント:2

続きを読むread more

映画「哀れなるものたち」サントラ~スラップ・ハッピー~ヘンリー・カウなど

先日、やっと映画「哀れなるものたち」観れた! 劇場公開すべり込みセーフ。 いやー凄まじかった。 これは満場一致で18禁だわ笑。 18禁エログロ版「アルジャーノンに花束を」+「フランケンシュタイン」って感じ? そこそこ長いけど、退屈せずに最初から最後までずっと面白かった。 知的好奇心を刺激されて…
コメント:0

続きを読むread more

映画「エルヴィス」から「明日への願い(If I Can Dream)」、マネスキンのカヴァーなど。

映画「エルヴィス」の影響でもう1枚。 映画ではこの「カムバック・スペシャル」の撮影シーンが印象に残りました。 ラストのプロテスト・ソング「明日への願い(If I Can Dream)」を歌うシーンはとても感動的でした。 こっちがオースティン・バトラー演じる映画でのシーン。 こっちが「カムバック・ス…
コメント:0

続きを読むread more

エルヴィス・プレスリー「コンプリート・サン・セッションズ」

劇場で見逃し結局観ていなかった映画「エルヴィス」をアマプラでようやく観た。 https://www.amazon.co.jp/gp/video/detail/B0B65BPFGH/ref=atv_dp_share_cu_r 今ごろかよ。 トム・ハンクスの悪役っぷりと、リトル・リチャード役の俳優がよかった…
コメント:0

続きを読むread more

マイルス・デイヴィス「マイルストーンズ」

久々にマイ・アイドルの1人でもあるマイルス・デイヴィスのアルバムを聴く。 (ちなみにマイ・アイドルとは、ポール・マッカートニー、キース・リチャーズ、ドナルド・フェイゲン、フランク・ザッパ、マイルス・デイヴィスの5人である) ジャズはやっぱりサブスクよりCD(かLP)でじっくり聴きたい。 この「マイルストーンズ」…
コメント:0

続きを読むread more

追悼:エリック・カルメン~ラズベリーズ

ラズベリーズのフロントマンだったエリック・カルメンの訃報を聞いてとても悲しい。 ソロになってからは「オール・バイ・マイセルフ」や「ハングリー・アイズ」などのヒットでバラード・シンガーとして名を馳せたが、 やはりラズベリーズ時代の「ハードで甘い」ロックンロールの数々がたまらなく好きだ。 「パワー・ポップ」という言…
コメント:0

続きを読むread more

CDに寿命ってあるの?ローリング・ストーンズ「ベガーズ・バンケット」

CDって普及しはじめた頃は音が永遠に劣化しないって謳い文句だったと思うけど、 最近では10年~30年で盤面が侵食されて寿命が来る場合もあるって言われてますね。 このところサブスクで音楽を聴くことが多いので、急に不安になって、 古いCDを色々と引っ張り出してチェックしている。 リマスターCDが出たら買い直し…
コメント:0

続きを読むread more

フェイ・ウェブスター「アンダードレスド・アット・ザ・シンフォニー」

萩原健太さんのブログをメルマガでチェックしていて、 面白そうなアルバムが紹介されたら片っ端からサブスクのプレイリストに放り込んで、 かなりの積ん読状態になっているんだけど(汗)、 これはジャケットの美しさに魅かれて夜中にさっそく聴いてる。 アメリカのシンガーソングライター、フェイ・ウェブスターの「アンダー…
コメント:0

続きを読むread more

ローリング・ストーンズ「ディッセンバーズ・チルドレン」

今日の1枚は「ディッセンバーズ・チルドレン」のUS盤。 初期ストーンズのUS盤は、UKオリジナル盤とシングル曲を混ぜ混ぜした、 やっつけ仕事のような編集盤に近い印象なのだが、これは本当に選曲がいい。 さらにアルバムタイトルがかっこいい。 考えた人天才か。 そして、ストーンズの全アルバム中でも…
コメント:0

続きを読むread more

ジョージ・ハリスン「不思議の壁」

2月25日はジョージ・ハリスンの誕生日、生きていれば81歳ということで、おめでとうジョージ! この「不思議の壁」、1968年発表で実はビートルズ・メンバー初のソロ・アルバムだったりします。 映画のサントラだし、ほぼインストだし、ジョージはプロデュースに徹して演奏はちょっとしかしてないし、 何かとハードルの高い作…
コメント:0

続きを読むread more

アイスランド出身のジャジーな歌姫、レイヴェイ

アイスランド出身のシンガーソングライター・レイヴェイ、めちゃ好みだ。 Laufey(レイヴェイ)「BEWITCHED (輸入盤CD)」 アイスランドといえばビョークを思い出すが、音楽性は全然違って伝統的でジャジー。 そして声がよい。 中国出身のお母さんがアイスランド交響楽団の首席バイオリニストだったという…
コメント:0

続きを読むread more

祝・来日!TLC「Crazysexycool」

3月にジャネット・ジャクソンの来日公演があり、前座でTLCが出るらしい。 ジャネットは別に観たくないけど、TLCはちょっと観たい、 と思って調べたら単独公演もあるのね。 単独は東京のみか。 ジャネットの前座は名古屋もあるけど、うーむ。 TLCは悲劇のお騒がせグループってイメージがあるけど、この「Cr…
コメント:0

続きを読むread more

シカゴ「シカゴⅨ グレイテスト・ヒッツ」

今日のアナログレコードはシカゴの9枚目。 69年から74年までのヒット曲を集めたシカゴ初のグレイテスト・ヒッツです。 80年代以降はぬるいAORバンド(←おい!)に成り下がったシカゴですが、 初期のブラス・ロック期はブリブリにカッコよかった。 特にテリー・キャスのギターがカッコよくて、 「25 or…
コメント:0

続きを読むread more

「ジャズ・アット・マッセイ・ホール」と「ソルト・ピーナッツ」と美味しんぼ。

今日の1枚は「ジャズ・アット・マッセイ・ホール」のアナログレコードです(CDも持ってます)。 まずこのメンツを見て欲しい。 全員がリーダー格。 まさにビ・バップのデルザー軍団・・・ といっても伝わらないと思うので、ビ・バップのアベンジャーズと言っておこう。 漫画「美味しんぼ」の8巻に、「ソルト・ピー…
コメント:0

続きを読むread more

スティーヴ・ウィンウッド「アーク・オブ・ア・ダイバー」

今日の1枚はスティーヴ・ウィンウッドの「アーク・オブ・ア・ダイバー」アナログレコードです。 かつて天才少年と呼ばれ、60年代から活躍する偉人ですが、クラプトンとかと比べると日本での知名度と人気はイマイチですね。 それは彼がキーボード・プレイヤーだというのも一因があると思う。 ロックの花形といえばやはりギターだか…
コメント:0

続きを読むread more

アレステッド・ディベロップメントと小沢健二。「ズィンガラマドゥーニ」

先日亡くなった小澤征爾のことについて、追悼の意を込めて何か書こうと思っていたけど、 そもそもクラシックはかじる程度しか聴かないので、書こうにも自信がない。 甥っ子の小沢健二のことならいくらでも書けるのだが。。。 なんてことを思っていたら、思い出したのがこのアルバム。 アレステッド・ディベロップメントの2n…
コメント:0

続きを読むread more

追悼、ダモ鈴木。CAN「TAGO MAGO」(カン「タゴ・マゴ」)

追悼、ダモ鈴木。 ダモ鈴木が死去、ドイツの伝説的バンドCanの元ボーカル 20年ぐらい前に一時期クラウト・ロックにハマったことがあって、 カンやらノイやらアモン・デュールやらのCDをせっせと買い集めていた。 中でもダモ鈴木が在籍していた時代のカンのアルバムは特に好きで、 他は…
コメント:0

続きを読むread more

映画「ストップ・メイキング・センス」(トーキング・ヘッズ)の4Kレストア観てきた。

映画「ストップ・メイキング・センス」の4Kレストア観てきた。 よかった! 昔(大学生の頃?)、VHSで観たことあったけど、内容忘れてた・・・。 というか、当時はまだトーキング・ヘッズの良さを完全には理解していなかったな。 踊らずに観るのは不可能。 平日のイオンシネマは客5人しかいなかったので、座りな…
コメント:0

続きを読むread more

本日、クイーン+アダム・ランバートの名古屋公演。(行かないけど)

明日(日付が変わって今日)はクイーン+アダム・ランバートのバンテリンドームナゴヤ公演。 行かないけど。 いや、行ってもよかったんだけど、フレディは俺の心の中に住んでるから(笑)。 アダムも頑張ってるし、ブライアンとロジャーめちゃくちゃ好きなんだけど、やっぱフレディとジョンのいないクイーンを高いチケット代払って観…
コメント:0

続きを読むread more

ポール・ウェラー「ヘヴィー・ソウル」

ポール・ウェラー、今日から日本公演ラストの東京2DAYSか。 盛り上がるだろうな。 心だけ飛んでいきたい(笑)。 ソロ初期4枚の中で個人的に思い入れが深いのが4枚目の「ヘヴィー・ソウル」。 1曲目から渋くてガツンとやられたし、2曲目「ピーコック・スーツ」はいまだにライヴのハイライト。 このやっつけた…
コメント:0

続きを読むread more

ポール・ウェラーのライヴに行ってきました。

ポール・ウェラー先輩のライヴに行ってきました。 前から3列目ぐらいのいい場所で観れた。 普段物販はあまり買わないのですが、ツアーTを買ってしまった。 夏フェスに着て行こう。 ジャムは2曲、スタカンは4曲演った。 ジャムは「悪意という名の街」をやるかなと思っていたら「リ…
コメント:0

続きを読むread more

今夜はビリー・ジョエル一夜限りの東京ドーム公演!!(行けない)

ぐぬぬ・・・いよいよ今日はビリー・ジョエルの一夜限りの東京ドーム公演。 行けなくて悔しいので日中ずっとビリーを聴いていた(←仕事休み)。 13歳の時からもう40年近く聴いてますが、10周まわって今一番好きな曲が「ストレンジャー」の1曲目「ムーヴィン・アウト」。 昔はそれほどだったけど今聴くとメチャメチャ名曲やん…
コメント:0

続きを読むread more