スロッビング・グリッスル「20ジャズ・ファンク・グレイツ」

今日の1枚は、インダストリアル・ミュージックの創始者、スロッビング・グリッスルの「20ジャズ・ファンク・グレイツ」。 タイトルに反してジャズでもファンクでもベスト盤でもなく、無機質な電子音とノイズが続く。 爽やかにポーズをとるメンバー4人が立つのは、自殺の名所(裏ジャケは同じ構図に男の死体の姿が)。 紅…
コメント:0

続きを読むread more