ザ・ビートルズ「ラバー・ソウル」

IMG_3222.jpg
今日のアナログレコードは、ビートルズの「ラバー・ソウル」です。

あくまで個人的意見ですが、このアルバムが一番ジョンとポールの曲の出来が拮抗しており、バランスがいいと思っています。

とにかく全曲がいい。ビートルズなので当たり前なんですが、それにしてもこのアルバムの曲のクオリティの平均値は群を抜いている。

中期の作品で、初期と後期のいいところを兼ね備えているのもポイント高い。

これからビートルズを聴いてみたいという若い人に、オリジナル・アルバムでどれか1枚おすすめするならば、躊躇なくこのアルバムを推薦します。

「この1曲」を選ぶのも難しいのですが、ジョンなら「ひとりぼっちのあいつ」、ポールなら「ユー・ウォント・シー・ミー」が一番好きかな。

https://youtu.be/8scSwaKbE64

https://youtu.be/OsjTO0yZQjk

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック