フランク・ザッパ「イエロー・シャーク」

98364853_2964026347046309_8235317494764535808_n.jpg
いつになったら終わる、今日のフランク・ザッパCD。

今日は「イエロー・シャーク」。

ザッパの存命中に発売された最後の作品。

つまり遺作です。

それがドイツの管弦楽団アンサンブル・モデルンのために書き下ろされたクラッシック作品というのも、いかにもザッパらしい。

不思議なことに、ロックだろうがジャズだろうが、クラシックだろうが現代音楽だろうが、ザッパが書けば全部がザッパ・ミュージックとしか言いようがない。

一聴してそれとわかる個性。

つまりクセが強い。

やはりロックの枠からはみ出した希代のミュージシャンだったと思う。

https://youtu.be/LQgEj66WGaY

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック