ニール・ラーセン「ハイ・ギア」

65006786_2250501548398796_7791752303433744384_n.jpg今夜は私の好きなキーボード奏者、ニール・ラーセンを紹介します。

1970年代初頭、ギタリストのバジー・フェイトンと組んで伝説のバンド「フルムーン」を結成。

64492945_2250501301732154_3893847325130358784_n.jpg

65087770_2250501685065449_1430372797040820224_n.jpg

その後、名匠トミー・リピューマとスムース・ジャズの名盤「ジャングル・フィーバー」など、ジャズ/フュージョン路線のソロ作を発表。

64570054_2250501431732141_911691750144212992_n.jpg

その傍らでは常に相棒バズ・フェイトンが伸びのあるギターを弾いています。

後に双頭バンド「ラーセン・フェイトン・バンド」を結成。

65161663_2250501081732176_1529665594746470400_n.jpg

そのニール・ラーセン、顔はココリコ田中に似てますが色男。

メロウ&グルーヴィな演奏は夜のドライヴや酒場にピッタリ。

日本ではあまり名が知られていませんが、カッコいいので是非聴いて!

https://youtu.be/CAPoswY8hF0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック