スライ&ザ・ファミリー・ストーン「LIFE」

IMG_4842.jpg

今日の寝入りの1枚は、スライ&ザ・ファミリー・ストーンの「LIFE」。

「スタンド!」や「暴動」「フレッシュ」と比べて地味でスルーされがちなアルバムだけど

まだ音楽で世界が変わるという希望に溢れていた時代の前向きなパワーがみなぎっている。

ファンクというよりミクスチャー・ロックで

ラリー・グラハムがベースでもヴォーカルでも推進力となってバンドをグイグイひっぱる。

https://youtu.be/IPg9jUTheyg

やがて、音楽では世界が変えられないことがわかって

だんだん陰鬱でドラッグ漬けになっていくスライ。

それがまたたまらんのだけども。

このジャケットのLIFEの書体は、小沢健二が同名の名盤で借用していますね。













この記事へのコメント