ラモーンズ「ロード・トゥ・ルーイン」

IMG_5402.JPG

今日の寝入りの1枚はラモーンズの4枚目「ロード・トゥ・ルーイン」。(寝れるのか?)

初期3枚が圧倒的パンク名盤として君臨しているので、この4枚目は一般的な評価はちょっと落ちるけど、ミドルテンポの楽曲やアコギなどを導入して幅を広げた作品。

ドラムもトミー・ラモーンからマーキー・ラモーンにチェンジ。

個人的にラモーンズとの出会いは、高校の時に聴いたベスト盤「ラモーンズマニア」なんですが、その1曲目「アイ・ウォナ・ビー・シディテッド」がここに収録されています。

つまりラモーンズとの出会いの1曲。

この曲にガツンとやられなければ、ラモーンズにも、もしかしたらパンクにも目覚めなかったかも知れないので、自分史的には大切な1曲です。








この記事へのコメント