追悼 ガル・コスタ

126638.jpg

追悼ガル・コスタ。

ブラジル音楽は深く掘ったわけではないのですが、

カエターノ・ヴェローゾを中心としたトロピカリア運動のメンバー

(カエターノ、ジルベルト・ジル、ナラ・レオン、そしてガル・コスタ)のCDは一時期集めていました

(残念ながら一部手放してしまったのですが)。

トロピカリズモは60年代後半にブラジルで巻き起こった芸術全般のカウンター・カルチャーで、

当時のブラジル軍事政権に反抗する政治運動でもありました。

後に逮捕されたカエターノとジルベルト・ジルはロンドンに、ナラ・レオンはパリに亡命し、

メンバーは散り散りになってしまいますが、

ガルは国内に留まって運動を続けました。

なので私の中では、ブラジルの国民的歌手でありながら、闘士のイメージが強い。

そんなガルがカエターノと知り合って共同名義で出したボサノバの名盤「ドミンゴ」

IMG_5436.JPG



トロピカリア運動のネーミングの元になったサイケデリックなコンセプト・アルバム「トロピカリア」

61DCwAGSMyL._AC_.jpg



赤いビキニジャケットが鮮烈な、ジルベルト・ジル・プロデュースの「インディア」

IMG_5437 (1).JPG



カエターノ・プロデュースで、ガルの歌を聴かせることを主眼においた「カンタール」

51S9dNJscSL._AC_.jpg



などを聴きながら、彼女の生涯に想いを馳せたいと思います。










この記事へのコメント