1969年のガル・コスタ。

IMG_5461.JPG

ガル・コスタの訃報で始まった個人的なブラジル音楽への旅も

一周してまたガル・コスタに戻ってきた。

これは1969年のソロ・デビュー・アルバム。

1969年、年回りがいい。

世界中でロック革命が吹き荒れる年。

ブラジルも例外でなく、このアルバムにもトロピカリア運動の盟友である

カエターノ・ヴェローゾとジルベルト・ジルがしっかり参加してガルをサポートしている。

ジャケットにうつるガルのアフロヘアーはかつらだそう。

ひたすら美しくスリリングでサイケデリックなロック・ボサノヴァ。










この記事へのコメント