マイケル・フランクスとAOR総論。

IMG_5785.JPG

今日の寝入りの1枚は、マイケル・フランクスの「スリーピング・ジプシー」です。

まさに寝入りにピッタリな作品。

いわゆるAORを代表するアーティストの1人、マイケル・フランクス。

ただし、AOR(アダルト・オリエンテッド・ロック)なんてジャンルはレコード売るために日本のレコード会社が勝手に作った造語で、

アメリカにもイギリスにもそんな言葉はない。(似た言葉はある)

直訳すれば「大人向けのロック」ってことだけど、当時ロックはティーンが聴く音楽という認識が一般的だったから成り立つわけで、

今は若者はロックを聴かず、ロックを聴いてるのはオッサンだけなので、すべてのロックがAORなんじゃい!

(けだし、あいみょんの「君はロックを聴かない」は名曲)

なので「大人向けロック」というよりは、「70年代から80年代にかけて流行った、都会的で洗練されたお洒落なロックw」

と言った方が今はいいのかも知れない。

そもそもジャンルではないので、AORと呼ばれるアーティストの音楽性の振り幅も広い。

私が思うに超大ざっぱに分けて3タイプあると思っている。

①ハード・ロック系AOR

代表的なのはエアプレイとか。ジャーニーのバラード系とか、後期シカゴもかな。

分厚いギター・サウンドと大仰なシンセ・サウンド。

ロマンティック・ハードネスとか、産業ロック(By渋谷陽一)と呼ばれることもある。

TOTOも曲によってはそうかな。

あまり黒っぽさを感じないことが多い。






②ブルース・R&B系AOR

いわゆるブルーアイド・ソウルやブルースがソフィスティケイトされた音楽。

ボズ・スキャッグス、ボビー・コールドウェル、クリス・レアなど。

多分AORと呼ばれる音楽の7割方がこれだと思う。

TOTOでも「ジョージー・ポージー」とかはこっちかな。

ホール&オーツなんかも曲によってはここに入ると思う。

白人によるR&Bというイメージ。






③ジャズ・ボサノバ系AOR

ジャズやブラジル音楽に影響を受けたポップス。

ここでやっとマイケル・フランクスが出てくる(笑)。

他にニック・デカロとか。ネッド・ドヒニーもかな。

ポップス寄りのジャズ(ジョージ・ベンソンとか)や、

イージーリスニング系のボサノバ(アントニオ・カルロス・ジョビンの「波」とか)

も広義ではここに入れてもいいと思う。

ジャジーなコード進行、ラテンの香り、気だるい雰囲気がキーワード。






以上ザックリです。

もちろん全部が上のパターンに当てはまるわけではなく、

同じアーティストでも曲によっては②だったり③だったり、

②と③の中間だったり。

①と③はあまりダブらないかな。

例えばスティーリー・ダンだったら初期は②が多いけど

後期やドナルド・フェイゲンのソロになると③の要素が増えたりとか、色んなパターンがあります。

ちょっとマイケル・フランクスのことを書こうと思っただけなのに、何故かAORの総論になってしまった。

もう寝よう。



この記事へのコメント