追悼 ジェフ・ベック

IMG_5867.JPG

朝イチでジェフ・ベックの訃報を聞いたけど、午前中は仕事が忙しくて感情が追いつく暇がなかった。

午後になって少し仕事が落ち着いて、色んな情報が入ってくるようになると、何とも言えない感情が込み上げてきた。

逝くなら逝くとあらかじめ言っといてくれないと、心の準備ができないよ。

yahoo.jpg

初めてジェフ・ベックの曲を聴いたのは、多分中2の時かな?

シンコーミュージックから出てた「スーパーロックギタリスト」っていう単行本が当時の私のバイブルだったんだけど

これこれ↓

41q2BD+bzTL.jpg

その第1章の1人目にドーンと紹介されていたのがジェフ・ベックだった。

まさにギタリストの中のギタリスト。これは聴かねばなるまい。

そう思って、ベスト盤のカセットテープをレンタルしてダビングしたのが最初。

そのベスト盤の1曲目だったのが「エル・ベッコ」。



この曲に一発でノックアウトされた。

ジェフ・ベックとの出会いの曲だ。

いわゆる3大ギタリストとの出会いは、ジェフ・ベックが一番早かったことになる。

それから少しずつオリジナル・アルバムを聴き進めていった。

でも最初の出会いからずっと好きだったな。

どの時代のベックも大好きなんだけど、なんだかんだ言って一番聴いているのが70年代中盤~後半のクロスオーバー期。

中でも「ブロウ・バイ・ブロウ」は、全てのロック・アルバムの中でも聴いた回数でベスト5に入っているはず。

その「ブロウ・バイ・ブロウ」期の、カミソリのように鋭利で神経質そうな怖い怖いジェフ・ベック。



この頃はピック弾きメインだけど、部分的に指弾きも披露している。

触わるとスパッと切れてしまいそうにヒリヒリした緊張感。

大学時代には、「ワイアード」のレコードのライナーノーツの裏写真を

下宿の部屋にポスター代わりに貼っていた。

IMG_5868.JPG

キレイに剥がしてまだ持ってます。

なので、かれこれもう40年近くずっと好きで聴き続けていることになる。

私はエリック・クラプトンも大好きなんだけど

私的にはクラプトンはギターの神様というより

「ええ曲を書いてええ声で歌うメチャ上手なブルースギタリスト」だ(←誉めてる)。

本当の神は2人いる。

ジミヘンとジェフ・ベックだ。

ジミは私が生まれた時には亡くなっていたので、私にとってジェフベックがずっとギターの神様だった。

ライヴで目撃できたのは1度きりだったけど、1度でも会えてよかった。

そんな私が観た来日公演と同時期・同メンバーによる「哀しみの恋人達」
(b.タル・ウィルケンフェルド、dsヴィニー・カリウタ)



ベックの代表曲といえば、色々あるけどやっぱりこれになるのかな。

この頃のベックの指弾きのテクニックは恐らくピークに達していて、

本当に細かいトーンとかタッチのニュアンスが繊細で、観ながら唖然としていた。

タルのベースソロを弾き終わった後のドヤ顔がまた最高。

家に帰ってから、CDで、レコードで、サブスクで、Youtubeで、ベックのギターを噛みしめるようにずっと聴いている。

もちろんウィスキーのロックをお供に。

そんな中、Youtubeで観たクラプトン&ジェフベックの「ムーン・リヴァー」で号泣。



クラプトンにアルペジオ弾かせて、自分はソロで哭きまくるベック。

ギターを歌わせるとはこういうこと!

ジェフベックが亡くなって、いろんなアーティストが追悼コメントを出しているけど、

クラプトンは一言、“Always and ever”…….. ec とだけ。

ec.jpg

落ち込んでクラプトンまで死んでしまわないかと心配している。

本当に勘弁して欲しい。

この記事へのコメント