ジェフ・ベック「ユー・ハド・イット・カミング」

IMG_5878.JPG

よく言われることだけど、ギターの奏法的なことはもちろん、

ジェフ・ベックが本当に凄いなーと思うのは、

歳をとってもどんどんギターが上手くなっていったり、

同じ系統のアルバムは3枚連続が上限で、

決して守りに入ることなく、常に新しいことに挑戦する姿勢を見せてくれた所。

特にビビったのが20世紀から21世紀をまたいで発表された、

いわゆるデジタル・ビート3部作。

「フー・エルス!」「ユー・ハド・イット・カミング」「ジェフ」の3枚だ。

中でも「ユー・ハド・イット・カミング」はお気に入り。

1曲目「アースクエイク」を聴いて腰を抜かした。

この頃もう60歳ぐらいだったのに、こんなナイン・インチ・ネイルズみたいなサウンドやるの!?



それにジャケもカッコいいし、大好きな「ナディア」が入っているからね。

ピッキング・ハーモニクスとアーミングとボリューム・コントロールの組み合わせで、

スライドギターのような効果を生み出す変態的天才プレイ。

この年齢でこれを発明するなんてあり得ない(というか他の誰もできない)。

しかもリズムはドラムンベース!










この記事へのコメント