ジョン・マクラフリンとジェフ・ベック。

IMG_5892.JPG

相変わらずジェフ・ベックばかり聴いているけど、たまにはジェフ・ベックに大いに影響を与えた男、

ジョン・マクラフリンのマハヴィシュヌ・オーケストラから「内に秘めた炎」を。

ベックが70年代にクロスオーバーに走ったのは、マクラフリンのライヴを観て感化されたからだという。

実際「ブロウ・バイ・ブロウ」のプロデュースをジョージ・マーティンに依頼したのは、

彼がマハヴィシュヌの「黙示録」を手掛けたからだし、

IMG_5893.JPG

メンバーだったヤン・ハマーやナラダ・マイケル・ウォルデンを招いて「ワイアード」を作っているしね。

当然マクラフリンのギターはめちゃくちゃ上手いし凄いんだけど、

ではサウンドが面白いかというと、正直ずっと聴いてると飽きる(笑)。

1年に1回ぐらい聴けば十分かな。

ほら、いい和牛って最初の一口は凄く美味しいけど、1度にたくさんは食べれないでしょ?

あれと同じで、高カロリーで胃にもたれるから、たまにでいいよってなる。

美味いんだけどね。

その点ジェフ・ベックは毎日聴いても飽きないんだから不思議だね。

マクラフリンはリーダー作よりも、マイルスのバックとかで一瞬ひらめきのあるフレーズをサッと差し込んでくるのがたまらない。

その点、彼の最高傑作はやっぱりマイルスの「ビッチェズ・ブリュー」かな。







この記事へのコメント