「ストーミー・マンデイ」聴き比べ。

IMG_5911.JPG

ツイッター眺めてたら、ケニー・バレルとスティーヴィーの「ストーミー・マンデイ」が流れて来た。



おそらくケニー80歳の誕生日の記念ライヴにスティーヴィーが飛び入りした時の映像。

ここからもう11年経っているのでケニーは今91歳のはず。

長生きして欲しいな。

さて、ジャズ・ギタリストの中でもブルース感覚において右に出るものがいないケニー・バレルですが、

そのケニーもプレイしていた「ストーミー・マンデイ」、オリジナルはもちろんT.ボーン・ウォーカー。



BB、アルバート、フレディの3大キングをはじめ、

クラプトン、デュアン・オールマン、スティーヴィー・レイ・ヴォーン他、

数多くのブルース・ギタリストにカヴァーされたブルース教則本のような定番の名曲。

T.ボーンはブルースにエレクトリック・ギターを最初に持ち込んだと言われる偉人。

それまでのアコギの弾き語りによるカントリー・ブルースから、モダン・ブルースの世界を切り開いた、

まさにモダン・ブルースの父なのだ。

つまりロックのお爺さん。

子供や孫たちのカヴァーした色んな「ストーミー・マンデイ」を聴き比べるのも面白い。

BBとアルバート・コリンズ。ぶっといBBのギターとアルバートの針でチクッと刺すようなギターの対比がエグい。



クラプトン。このダルい感じがたまらん。



有名なオールマン・ブラザーズ・バンド、コード進行がちょっとおしゃれ感ある。



アルバート・キングとスティーヴィー・レイ。やっぱりアルバートのチョーク・ダウンはすげえ。



日本代表で柳ジョージ。






この記事へのコメント