映画「シン・ウルトラマン」観てきました!!

映画「シン・ウルトラマン」、初日に観てきました! 内容を語るとネタバレになってしまうので、まだ語りません。 ネットでの評判を見ると賛否両論あるようですが、否があるのもまあわかる。 つっこみどころは多々ある。それでも私は2回目、3回目も観に行こうと思っています。 音楽酒場的に言うと、音楽が素晴らしかった…
コメント:0

続きを読むread more

「ククルス・ドアンの島」公開記念?TV版「機動戦士ガンダム」オリジナル・サウンドトラック

映画「ククルス・ドアンの島」公開記念、というわけではないですが、今日のアナログ・レコードはTV版「機動戦士ガンダム」のオリジナル・サウンドトラック2枚です。 オープニングの「翔べ!ガンダム」とエンディング「永遠にアムロ」はご存じかと思いますが、特筆すべきは第40話で1度だけ流れた挿入歌「シャアが来る」。 ゲルググでア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

追悼クラウス・シュルツェ。

追悼クラウス・シュルツェ。 https://www.udiscovermusic.jp/.../klaus-schulze-german... ジャーマン・プログレ、クラウト・ロックからテクノ、アンビエントの歴史を紐解くと、彼の名前は避けて通れない。 彼がドラマーで参加したタンジェリン・ドリームとアシュ・ラ・テンペルの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「カセットテープ・ダイアリーズ」を観た。ブルース・スプリングスティーン「アズベリー・パークからの挨拶」

映画「カセットテープ・ダイアリーズ」を深夜にアマプラで鑑賞。 https://youtu.be/99u8FYEXurY 最近夜中に音楽映画を観るのにハマってるな。 これはもともと公開時に絶対観に行こうと思っていたのに、バタバタしてる間に見逃して今日に至る。 やっと観れたけど、思っていたよりずっと良かっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松原みき「真夜中のドア~stay with me」

この1年ぐらい、ずっとヘビーローテーションしているのが、松原みき「真夜中のドア~stay with me」。 1979年に松原みきのデビュー曲として発売され、オリコン28位、30万枚のヒット。 新人のデビューシングルとしてはまずまずの成績。 この曲によって複数の新人賞も獲得している。 しかしそれ以降、彼女はこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アール・フッカー「ブルー・ギター」

今日4月21日が命日らしいので、寝る前に聴いている。 アール・フッカーは知名度は低いけれども、ミュージシャンズ・ミュージシャンとして同業のブルースマンからも高く評価されているギタリスト。 ジミー・ペイジがギブソンのダブル・ネックを使っていたのは、このジャケットに影響を受けたからではないかな? レッド・ツェッペリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シェリル・リン「ガット・トゥ・ビー・リアル」

今日のアナログ・レコードはシェリル・リンのデビュー・アルバム「シェリル・リン」。 名曲「ガット・トゥ・ビー・リアル」は100回連続で聴いても飽きないし、100時間連続で踊り続けれる。(←後者はさすがにウソ) https://youtu.be/fI569nw0YUQ 同じディスコ・クラシックなら、ドナ・サマーの「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コーチェラ・フェスのビリーを観た。ビリー・アイリッシュ「ハピアー・ザン・エヴァー」

コーチェラ・フェスのビリーアイリッシュを再配信で観ている。 これが無料で観れるなんていい時代だ! なんせ、2年前の来日公演チケットは申し込んでいたけど見事に全落ちしたからね。(コロナで中止になったけど) 彼女の何が好きかって、あんなダークな音楽なのに、メインストリームでガンガン売れて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レッチリ新譜「アンリミテッド・ラヴ」。

レッチリの新譜「アンリミテッド・ラヴ」。 ジョン・フルシアンテが戻ってきたけど、良い意味で普通。 刺激はないけど、構えずにまったりと聴ける。 レッチリも高校生の頃から聴いてるから、もう第一線で30年以上活躍してる大ベテラン。 一番尖っていたのは80年後半から90年代前半ぐらいまでで、 今さらレッチリがロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ベルファスト」観に行きました。ヴァン・モリソン「セント・ドミニクの予言」

数日間、3回目のワクチン接種の副反応でダウンしていましたが、ようやく体調も本調子に戻ったので、観たかった映画「ベルファスト」を観てきました。 単にアイルランドの歴史と音楽に興味があるというだけで、予備知識をあまり入れずに行ったので、思ってたのと少し違ったけど、良き映画でした。 全編にヴァン・モリソンの音楽が使われてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

祝来日!ヒネクレ者によるヒネクレ者のためのロック、ペイヴメント

来年の話をすると鬼が笑うというが、例え鬼に笑われようと話さねばなるまい。 2023年の2月にペイヴメントが来日するそうだ。 東京と大阪の2公演。 これには何が何でも行かねばならない。 実はペイヴメントは1999年にすでに解散したバンドだ。 しかし2010年には結成20周年を記念して再結成ツア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

追悼テイラー・ホーキンス。フー・ファイターズ「グレイテスト・ヒッツ」

フー・ファイターズのドラマー、テイラー・ホーキンスが死去。 50歳とのこと。 同い年やん! 人間の命なんて明日どうなるかわからん。 今やりたいことを一生懸命やろう。 フー・ファイターズといえば自分はこの曲かな。 https://youtu.be/xQ04WbgI9rg あとこれ。 ht…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

祝!「大瀧詠一ファースト」サブスク解禁。

思えば大滝詠一サブスク解禁で騒いでいたのがちょうど1年前。 はやっ! しかしこの名盤「大瀧詠一ファースト」は諸事情により解禁されていなかった。 それから1年、ついに本日解禁となりました! やたっ!目出度い! さっそく、CDのジャケットを眺めながらAmazon Musicで聴いてます。(←おい) 「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

LPレコードの日だそうで、グレッグ・オールマン「レイド・バック」

3月20日がLPレコードの日と知って、日付が変わってから慌てて1枚取り出す(笑)。 グレッグ・オールマンの「レイド・バック」。 曲もいいけどとにかくアルバムの雰囲気がいい。 ジャケもいい。 真夜中に聴く「ミッドナイト・ライダー」。 https://youtu.be/zip-ot4GSCE ちな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

追悼・松村雄策さん

明日も仕事休みなので、松村雄策さん追悼で、ビートルズのアナログ盤を今から順番に聴く。酒飲みながら。 ホワイトアルバムとイエローサブマリンがないけれど、CDかサブスクで聴く。 このブログに「カナさんタクさんコーナー」ってのがあるんですが、元々はロッキング・オンの渋松対談に憧れ、それ風に一人で対談形式を装って書いたものでした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デヴィッド・ボウイ恐るべし。「ヤング・アメリカン」

最近またボウイを聴きこんでいるんですが bmr編集長の丸屋九兵衛氏によると ジョージ・クリントンがボウイの「フェイム」を聴いて、このノリを覚えとけ、とドラマーに言って その後発表されたのが「ギヴ・アップ・ザ・ファンク」だったと知って震えている。 確かに「フェイム」とパターン似てるし、「Pファンク」の歌詞に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

カーリング・イギリス代表のミュアヘッド選手かっこよすぎん?ザ・フー「キッズ・アー・オールライト」

カーリングのイギリス代表のスキップ、イヴ・ミュアヘッド選手かっこよすぎん? 彼女は4回目の五輪出場で、初出場のバンクーバーの時はまだ19歳だった。 平昌では日本との3位決定戦で最後のショットをミスして日本に銅メダルをもたらした。 カーリング発祥の地スコットランド出身で、バグパイプの世界選手権…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画「ウエスト・サイド・ストーリー」を観てきました。

映画「ウエスト・サイド・ストーリー」を観に行って来ました。 1961年に公開されたミュージカル映画の金字塔を、巨匠スティーヴン・スピルバーグ監督がリメイク。 ミュージカル映画が特段好きなわけではないんですが、オリジナル版は中学生の時にテレビの洋画劇場で2週連続で放送されたのを観て感動し、サントラを借りてきてカセットに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10年かけてじわって来た、ポール・マッカートニー「キス・オン・ザ・ボトム」

1日遅れたけど、バレンタイン・デーなんで、ポールの「マイ・ヴァレンタイン」を聴いています。 ずいぶん前から今度のバレンタインはこれを聴くと決めていた。 https://youtu.be/f4dzzv81X9w このアルバム「キス・オン・ザ・ボトム」はポールへの認識が変わったアルバム。 やはりポールといえば、最…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ザ・ポリス「白いレガッタ」はスチュワート・コープランドのドラムを聴く

スティングが、ポリス時代も含めた全楽曲を約350億円で売却したというニュースが入ってきました。 https://news.yahoo.co.jp/.../e3f9387bffd3e33a825e9875246c... ボブ・ディランやブルース・スプリングスティーンらに続く大物アーティストの楽曲売却。 彼らも終活に入って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

60年代のストーンズ・ベスト・アルバム第2弾。

今日のアナログ・レコード。 ストーンズのベスト盤といえばコレ、というイメージ。 なんせオリジナル・アルバムには入っていない「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」と「ホンキー・トンク・ウィメン」が入ってる。 のでほぼ準オリジナルの扱い。 https://youtu.be/KXUJMaYzh6U https:…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アイク&ティナ・ターナー「ゲット・バック」

今日の1枚は、アイク&ティナ・ターナーの「ゲット・バック」です。 表題曲や「プラウド・メアリー」、ストーンズ・ナンバーなど、ロックのカヴァーを中心にティナが圧倒的な歌声を聴かせる。 アイクのギターは控えめ。 ブルース・ギタリストとしては一流だったけど、人としてはクズだったアイク・ターナー。 その辺は映画「ティ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サカナクション「ショック」から始まるアフロ・ファンクの旅。

サカナクションの新曲「ショック」がラジオから流れて来た。 https://youtu.be/rEw1AVeuSjg ポリリズミックなアフロ・ファンクで、カッコいいなあ、ちょっとトーキング・ヘッズを思い出させるなあ。 https://youtu.be/3N5qQrGSuJ4 と思ってトーキング・ヘッズを…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ブラック・サバスの楽曲をジャズで演奏すると、ジャズ・サバス。

ブラック・サバスの楽曲をジャズ・アレンジでカヴァーするバンド、ジャズ・サバス。 実はブラック・サバスの楽曲は元々彼らの作品で、サバスが盗用してメタル・アレンジにして発表した、と彼らは主張しています ・・・という設定です(笑)。 ややこしい。 なぜそんな設定が許されるかというと、ジャズ・サバスのリーダーが長年ブ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これが老化か。フリートウッド・マック「英吉利の薔薇」

今日の夜、右目の端を部屋のドアに強打し、その勢いで持っていた酎ハイの缶を右足の甲に落として、わすか10秒の間にアザを2か所も作ってしまった。 痛てえ。 これが老化か? ちなみに足に缶を落とした時の顔はこんなでした。 痛くて悲しいのでマックの「燃える恋」でも聴いて寝る! https:/…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

GO変態!10cc「シート・ミュージック」

今日のアナログレコードは、大好きな10ccのセカンド・アルバム「シート・ミュージック」です。 この後、史上最もスキのない完璧なポップ・アルバム「オリジナル・サウンドトラック」を残す彼らですが、この2枚目まではまだラフなロックン・ロール風味が残っているのが醍醐味。 もちろん一筋縄ではいかない「変態ロックン・ロール」です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇多田ヒカル「BADモード」をずっとリピートしている。

宇多田ヒカルのアルバム「BADモード」をサブスク解禁日から繰り返し聴いている。 こんなに聴いたのはデビューアルバム以来かも知れない。 当時より今の方が自然体で、聴いていてしっくり馴染むような気がする。 https://youtu.be/VJGCeAWIfEA もちろん彼女の音楽が進化(深化)してるのもあるんだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ローリング・ストーンズ「12×5」

明日は仕事休みなので深夜までアナログ・レコードで、ストーンズの「12×5」。 ストーンズの初期のアルバムは英国と米国で内容が違うけど、CDは英国仕様を持っているのでレコードでは米国仕様を集めたくなるなあ。(収録曲が全然違う) https://youtu.be/W3sr9Z89HyQ ちなみにビートルズも英国と米国で…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more