フォーカス「MOVING WAVES」 ヨーロッパのバンドは演奏うまい(偏見)。

今日のアナログ・レコードは、ダッチ・プログレの雄、フォーカスの「MOVING WAVES」。 ダッチ・プログレ、つまりオランダのプログレッシヴ・ロック・バンド。 1曲目、イントロがめちゃくちゃカッコよく、いいぞ、いいぞ、と思ってヴォーカルの入りを待っていると、いきなりヨーデルが始まってずっこける。 オランダてヨーデ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

追悼 ミック・ロック

追悼ミック・ロック。 偉大なるフォトグラファー。 これらのアルバムジャケットの写真はみんな彼の撮影です。 どれも多感な時期に私の人格形成に多大な影響を及ぼした作品ばかり。 特に右下のイギー・ポップの「ロウ・パワー」のジャケは本当に好きで、学生時代、音を聴きながらずっと眺めていた時期があったなあ。 htt…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「リスペクト」やっと観れた! 『リスペクト』オリジナル・サウンドトラック

アレサ・フランクリンの伝記映画「リスペクト」やっと観れた! よかった。 アレサの伝記なんで、ストーリーは大体想像ついてたけど、とにかくアレサ役のジェニファー・ハドソンの歌と演技が圧巻。 「ドリームガールズ」でアカデミーの最優秀助演女優賞取ったんだから、これで主演女優賞取らなきゃ嘘だね。 あとメアリー・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トム・ロビンソン・バンド「パワー・イン・ザ・ダークネス」

今日のアナログ・レコードはトム・ロビンソン・バンドの「パワー・イン・ザ・ダークネス」。 ゲイをカミング・アウトしたパンク・ロッカーとして有名なトム・ロビンソン。 ゲイのみならずあらゆるマイノリティに対する抑圧を否定し、自らの権利のために立ち上がれ!と力強いメッセージを放つ。 やはりロックのモチベーションとして一番力…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハイボールに合う音楽って何? ザ・ラウンジ・リザーズ。

真夜中にハイボール飲みながら、ハイボールに合う音楽って何かな?と考えながらCDラックを眺めて、こいつをチョイスしました。 ラウンジ・リザーズ。 よくフェイク・ジャズと呼ばれる彼らですが、そのとおりで純ジャズというよりはポスト・パンクとかニュー・ウェイヴのカテゴリに入れた方がしっくりくる。 ウィスキーのロックならマイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マイケル・ジャクソン「デンジャラス」の音の良さは異常。

今日の1枚はマイケル・ジャクソンの「デンジャラス」。 マイケルのアルバムの中では、そんなに思い入れがあるわけではない。 「スリラー」や「BAD」は中学・高校の頃に出てメチャクチャ聴いて入れ込んでたけど、これは大学生の頃でいったんマイケル卒業していた時期に出たので。 なので当時はそんなに聴いてなかったんだけど、数年後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テディ・ペンダーグラス「テディ」 志村けんとブラック・ミュージックの関係性

今日の1枚は、ソウル界きっての色男、テディ・ペンダーグラスの「テディ」です。 先日行われたアルバムバトル、私は「志村けんとブラック・ミュージックの関係性」をテーマに語ろうと思い、そこでこのアルバムも紹介するつもりだったのですが、とても5分間でまとまらず(笑)、断念して他のアルバムを紹介しました。 この「テディ」収録の「ド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ABBA、40年ぶりのニューアルバム「Voyage」本日発売!ABBAはグラム・ロックだ!

ABBA、40年ぶりのニューアルバム「Voyage」が本日発売となりました。 さっそく(サブスクで)聴いています。 しかし前作より40年ぶりのニューアルバムって、前例があったっけ? 平均年齢74歳!元気すぎる。アルバムを聴いた感想は、う~ん、ABBA(笑)。 それ以上でもそれ以下でもない。 思っていた以…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ザ・シャッグス「フィロソフィー・オブ・ザ・ワールド」

大阪工業大学 知的財産学部の水野ゼミさんの主催で開催された第1回アルバムバトルに、バトラーとして参加させていだだきました。 アルバムバトルとは (以下、下記のページより転載) https://note.com/oitmizuno/n/n8f88f9c4695a -------------------- アルバムバト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラリー・カールトン「夜の彷徨」 名演「ルーム335」はスティーリー・ダン「ペグ」の双子の弟。

今日の1枚はラリー・カールトン「夜の彷徨」、アナログレコードです。 この時代のフュージョンのアルバムはレコードで聴くとめっちゃ音がよい。 1曲目はカールトンの代名詞と言える名演「ルーム335」。 私は世界一掃除がはかどる音楽と呼んでいます(笑)。 https://youtu.be/KN6AV-NsGVA …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロック名盤・定番・補完計画 レディオヘッド「OKコンピューター」

ロック名盤・定番・補完計画、たまには90年代から。レディオヘッドの「OKコンピューター」です。 レディヘといえばコレか「キッドA」で人気が分かれるとこでしょう。 「OKコンピューター」は自分のロックの理解の範囲内でMAXに凄い!と思ったけど、「キッドA」は理解を超えてしまって腑に落ちるまでしばらく時間がかかったので、衝撃…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソニー・ロリンズ「ネクスト・アルバム」

明日は仕事休みなんでもう1枚。 大好きなソニー・ロリンズの「ネクスト・アルバム」。アナログ盤です。 難しいフレーズも鼻歌のように朗々と吹きこなすロリンズですが、あの「サキソフォン・コロッサス」のような一音も聞き逃してはなるまいというような緊張感はなく、割と緩い感じでビール飲みながらリラックスして聴ける作品。 197…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロック名盤・定番・補完計画 ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ「ライヴ!」

ロック名盤・定番・補完計画、今日はボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズの「ライヴ!」です。 昔、山本直樹の漫画で、天国では自分のやりたいことが何でもできるので、タイムトリップして今はもう観られないロック・レジェンドのライヴを観に行くって話があったんだけど、もし自分がそうなったら一番観たいのがこのライヴ。 20代の頃レゲエにど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロック名盤・定番・補完計画 ウィングス「ヴィーナス・アンド・マース」

ロック名盤・定番・補完計画、今日の1枚はウィングスの「ヴィーナス・アンド・マース」のアナログ盤。 いいジャケですね。 確かヒプノシスのデザインだったような。 (今サクッと調べたけど裏がとれない。詳しい方教えて下さい。) ポール・マッカートニーの名盤として必ずリストアップされる作品だけど、1番好きかと言われるとそれ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ロック・名盤・定番・補完計画 ボブ・ディラン「時代は変わる」 「スペイン革のブーツ」と「木綿のハンカチーフ」について

ロック・名盤・定番・補完計画、今日はボブ・ディランの「時代は変わる」です。 一部では有名な話ですが、このアルバムに収録された「スペイン革のブーツ」と、太田裕美「木綿のハンカチーフ」の歌詞が酷似している、というネタが今朝ネットで流れてきたので、久々に歌詞を読みながら聴いている所です。 ちなみにこのディランの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロック名盤・定番・補完計画 スティーヴィー・ワンダー「トーキング・ブック」

ロック名盤・定番・補完計画、今日の1枚はスティーヴィー・ワンダーの傑作「トーキング・ブック」です。 「迷信」「サンシャイン」というスティーヴィーのライヴでは必ず演奏される代表曲2曲を含みますが、私のオススメは4曲目「チューズデイ・ハートブレイク」。 曲名も曲も可愛い。 でも歌詞は切ない😢。 スティーヴィーの楽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロック名盤・定番・補完計画 ブルース・スプリングスティーン「ボーン・イン・ザ・U.S.A」 便利さと引き換えに・・・

ロック名盤・定番・補完計画、今日はブルース・スプリングスティーンの大ヒット作「ボーン・イン・ザ・U.S.A」です。 同世代の多くの方と同じように、リアルタイムで初めて聴いたスプリングスティーンのアルバム。 シングルカットする曲が次から次にヒットして、確か6~7枚はシングルになったんじゃないかな? MTV全盛期だった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロック名盤・定番・補完計画 XTC「ブラック・シー」

ロック名盤・定番・補完計画、今日はXTC「ブラック・シー」のアナログレコードを聴いています。 緑色のジャケット・カバーの中から、メンバー4人の写ったジャケットが出てくるというお洒落な作り。 XTC、全アルバムが好きでどれも甲乙つけがたい傑作なのですが、意外に過去4回しか取り上げてなくて、 この「ブラック・シー」も名盤「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロック名盤・定番・補完計画 ザ・ビートルズ「レット・イット・ビー」

ロック名盤・定番・補完計画、今日はCD5枚組+ブルーレイの「スーパー・デラックス・エディション」が巷で話題のビートルズ「レット・イット・ビー」です。 私ですか? 買ってません(笑)。 そこまでのコレクターではないです。 音源としてはサブスクで全部聴けてしまうので、結局アナログレコードで聴いています。 中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロック名盤・定番 補完計画「ザ・ベスト・オブ・リトル・ウォルター」

「ロック名盤・定番 補完計画」今日の1枚はリトル・ウォルターの「ザ・ベスト・オブ・リトル・ウォルター」です。 ロック名盤というよりブルースの名盤であり大定番ですね。 でも後のロックに与えた影響は多大なものがある。 特に大きく影響を受けたのは若きストーンズのメンバー。 キースは彼の大ファンを公言しているし、ミッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロック名盤・定番・補完計画「ヴェルヴェット・アンダーグラウンド・アンド・ニコ」

「ロック名盤・定番、補完計画」今日は「ヴェルヴェット・アンダーグラウンド・アンド・ニコ」です。 あまりにも有名なアンディ・ウォーホルによるジャケ。 ロック名盤ガイド本には必ずといっていいほど登場する有名盤ですね。 でもこれ、若い頃は正直ピンとこなかった。 ニコの存在がよーわからん。 だって、わざわざ「ア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「エリック・クラプトン ロックダウン・セッションズ」

映画「エリック・クラプトン ロックダウン・セッションズ」観てきました。 ドルビー・アトモスの音響が素晴らしい。 あまりの心地よさに何度かウトウト(笑)。 そして音楽とともに、ドローンによる空撮を多用した映像にも心惹かれる。 イギリスの田舎町の自然と古い建築物の息を飲む美しさ。 しかしこのギターの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロック名盤・定番・補完計画 サンタナ「天の守護神」

「ロック名盤・定番・補完計画」 今日の1枚はサンタナの2nd「天の守護神」です。 ジャケがアートですね。 サンタナ、好きなんだけど、これまであまり記事にしてこなかった。 理由は、うーん、なんだろう・・・ 書きにくい(笑)。 好きでアルバムも結構持ってるんだけど、思い入れはそれほどないというか・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロック名盤・定番 ・補完計画「レッド・ツェッペリンⅣ」

2016年からフェイスブックに書きなぐってきた音楽系の日記を、同時期から更新停止していた音楽ブログへ移植する作業が完了しました。 ひたすらコピペの連続、苦行だった・・・ あらためてブログを見返すと、とっくに取り上げていると思っていた、いわゆるロックの「名盤」や「定番」が意外に抜け落ちていることに気づいた。 というわ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アイアン・メイデン「魔力の刻印」

アイアン・メイデンにまつわるええ話を読んだので、久々に。 ええ話はこちら↓ https://amass.jp/151678/ メイデンはポール・ディアノがヴォーカルだった初期2枚が好みだけど、ブルース・ディッキンソンに代わったこの3枚目も好き。 中3の時に一生分聴いたけど(笑)。 https://youtu…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スティーリー・ダン「キャント・バイ・ア・スリル」

今日のアナログレコード。 スティーリー・ダン関連の新譜が2枚続いたので、原点回帰のファーストアルバム。 地味ながら名曲目白押しのアルバムなのですが、その中でもさらに地味な「ブルックリン」とバーボンのロックでハードボイルドな秋の夜を演出中。 https://youtu.be/rVns5KE13gs しかしいつ見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スティーリー・ダン「ノースイースト・コリドー: スティーリー・ダン・ライヴ!」

ドナルド・フェイゲン関連、もう1枚はスティーリー・ダン名義の 「ノースイースト・コリドー: スティーリー・ダン・ライヴ!」です。 正直、ウォルター・ベッカーのいないスティーリー・ダンをスティーリー・ダンと呼ぶことに心苦しさがありますが、 ビジネスだからしょうがないよね!と開き直れるくらいには大人になった(笑)。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドナルド・フェイゲン「ザ・ナイトフライ・ライヴ」

私の心の師、ドナルド・フェイゲンの関連CDが2枚同時発売になりました。 まずは名盤「ナイトフライ」をライヴで再現したライヴ盤。 ドナルド・フェイゲンはスティーリー・ダンで1度、 マイケル・マクドナルド、ボズ・スキャッグスと結成した 「ザ・デュークス・オブ・セプテンバー」で1度、生で観てます。 2017年のソロ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メタリカ「METALLICA」

レココレ「ハード&ヘヴィ特集アルバムランキング100」90年代編、買いました。 上位2枚は予想どおりでしたが、1位と2位の順位は自分の予想とは逆だったな。 どちらも発売当時にリアルタイムで聴いているので、当時の盛り上がりとかを考えると「へー、そうなんだ」という感じです。 こういったランキングって、明確な基準があるわ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ハウンド・ドッグ・テイラー&ザ・ハウスロッカーズ」

今日の1枚は、「ハウンド・ドッグ・テイラー&ザ・ハウスロッカーズ」。 ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョンにも多大な影響を与えた、 歪んだスライド・ギターが唸りをあげる爆裂ブルース! そしてカッコええジャケ。 このギターのペグから無造作に弦が飛び出してる感じがいいんだよね。 https://yo…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more